Firebird29 Shake down by Takumi Ota

こんにちは。
やっと

FIREBIRD29 シェイクダウン!!

 

 

どんな乗り味か楽しみにしていましたが、まんまPHOENIXの様な乗り味でした。
と言うよりもPHOENIXでした。
PHOENIX Cをずっと乗ってるのですが、どちらに乗ってるかわからなくなる程。

あれ?あれ?…と
変化を期待し乗り換えたのに変化の無いってににガッカリでした。
なぜこれを買ってしまったのかと頭の中真っ白に。
そしてライド中の比較対象は混乱したままPHOENIXとなりました。

 

 

そして、劣っているとこが無かった。

軽い、高剛性、よく曲がる!
とどこでも聞く様なインプレのワードしか浮かばない。
インプレを依頼されているのに変化無い、話す事が無くて困る。

 

 

再度山頂に戻るゴンドラの中、かっこええな〜っと眺めながら、
PHOENIXと比べるのも違う、DHバイクではないのにこの性能は笑える!
とやっと落ち着きました。
大金を使った時の理由付け、精神衛生的に重要です。

 

 

2本目のライドも慣れてるバイクの様に何の心配もなくかっ飛べました。
DHバイクって要るのか?と頭の中を危険な言葉がぐるぐる回ってしまう走破性でテンションが上がります。

 

 

思えばヘッドパーツ、クランク幅、リアアクスル全てPHOENIXと同規格なので乗り味が同じなのはその辺りも理由としてありそうです。
実際リアホイールはPHOENIXのセットから外し 275+規格 のタイヤを履いてテストしています。

不思議なのは後ろ廻りの剛性がかなり上がっているところ、29で伸びているはずなのに強くなってると感じます。
旋回中やラフな着地、横向きの負荷が多い場面でもヌルヌルスムーズです。
フォークによってはゲレンデダウンヒルもオーバースペックで遊べると感じました。

 

主なパーツ

FIREBIRD29 Lサイズ Cクランク、BB付属

DVO DIAMOND D1

SPANK SPILIT STEM 31.8

 

 

Photo/Text : Takumi Ota

Post a Comment

#FOLLOW US ON INSTAGRAM